不妊治療はじめました。

低AMH(0.41)なのにPCOS型と診断されたアラフォーの不妊治療の記録です。

採卵8周期目の結果②。

前回からの続きです。

検索魔の結果、「黄体嚢胞」というものにたどり着きました。
黄体は、排卵後の卵胞が変化したものです。
黄体が嚢胞化しちゃったものなら、既に排卵済みということ。

排卵してしもとるやないかーい!と自分の中では「黄体嚢胞」だと確信しているのですが、次の診察までhMGとセトロタイドの注射は継続して打ち続けます。。。

そして次の診察の日。
P4(黄体ホルモン)の数値は、12.5に上がっていました。
これは、黄体期の値です。
やっぱり排卵してしもとるやないかーい!

これで、今周期は終わりかなと思っていたところ、
先生「セトロタイドはもう必要ないけれど、このままhMG注射を続けて卵を育てます。」
何ですと!?
どうやら、まだ見えている小卵胞を育てて採卵しようとしているようです。

先生「途中で少し出血するかもしれませんが、気にしないでいいですよ。」
2度目の、何ですと!?
出血って、生理が来るってこと?

またまた検索魔が出動です。
黄体期 採卵」検索!

どうやら黄体期に採卵しても、採卵数や卵子の質には特に影響ないようなのでひと安心。
本来、時間の余裕のない患者さんが一周期に2回採卵するためのものっぽいです。
私の場合は、排卵済みで採卵できなかったので、2回目で何とかしてやろうって感じでしょうか。
(あ、アラフォー低スペック患者なので、時間の余裕が無いのはもちろんですが・・・)

そして、黄体期なので天然の黄体フィードバック法みたいなっていて、排卵抑制のセトロタイドは中止になったということですね。

ということで、排卵してしまったのに注射をひたすら打ち続け、ついに採卵日が決定する事になります。

ここからまたひと騒動起きますので、更に次に続きます。

【治療歴】
1周期目 採卵①→採卵数0個
2周期目 採卵②→採卵数3個→凍結胚数2個(6日目胚盤胞3CC、3日目分割期胚9分割グレード4)
3周期目 採卵③→採卵数1個→凍結胚数1個(3日目分割期胚13分割グレード4)
4周期目 採卵④→採卵数2個→凍結胚数0個
5周期目 採卵⑤→採卵数3個→凍結胚数1個(3日目分割期胚10分割グレード4)
6周期目 移植①6日目胚盤胞3CC→陰性
7周期目 移植②3日目分割期胚9分割グレード4、13分割グレード4→陰性
8周期目 移植③3日目分割期胚10分割グレード4→陰性
9周期目 採卵⑥採卵数3個→凍結胚数1個(3日目分割期胚10分割グレード4)
10周期目 移植④3日目分割期胚10分割グレード4→陰性
11周期目 採卵⑦採卵数1個→凍結胚数0個
12周期目 お休み
13周期目 採卵⑧→採卵数0個